kazujirou3300のブログ

早稲田大学にかよう一年生です。

受験の天王山夏休み。早慶への浪人生活

受験の天王山といわれる夏休み。

必死に勉強する必要がありますがほかの受験生も一生懸命がんばるので差がつきにくいです。でも差はつきにくいとは言えどやれることは十分あります。そのやれることをいかに効率的にやれるかがキーになります。

 

まずやるべきことは皆さんも知っている通り、基礎です。徹底的に基礎です。

 

夏に基礎を固めるとびっくりするほど秋以降の勉強がスムーズにいきます。

しかし基礎基礎言われてるが実際に何をすればいいか、がよくわからない人もいると思います。

基本的に早慶志望の場合英語、国語、社会科目を使う人が多いのでその三教科に絞って説明していきます。(自分の場合は社会科目は日本史です。)

 

英語

まずやるべきことは英単語です。英語はまずどれだけ単語を覚えているかで成績が大きく変わります。

具体的にいうと単語帳一冊を完璧にするつもりでやって下さい。

注意したいのが一周に時間をかけないことです。最初の一周はスピード重視で終わらせてすぐさま二周目に行きましょう。という感じで最低夏休み中に3周はするといいです。

 

次やるべきことは英文法です。秋以降に文法をがっつりやる時間はなかなか取れなくなります。

また、実践的な問題演習に入っていくため文法があやふやすぎるととても非効率になります。

そして英文法などの知識はのちのちに圧倒的な力を発揮します。嘘かと思うかもしれませんがこれは本当です。早慶に受かるためには特に大切です。

 

あと英語でやるべきなのは1日1英文よむことです。英語は言語なので毎日使っていなければどんどん衰退していくし逆に毎日使っていればどんどん成長します。毎日継続しているとふと気がつくと英語がぐんとできるようになる、なんてことはよくあります。ただいきなり早慶レベルの難しい英文でなくてもいいです。MARCHレベルの文章でもいいので読みましょう。

 

英語はこれだけやれば十分だと思います。あとは塾の夏期講習を取っている人はそれもちゃんとやりましょう。

 

 

国語

国語は現代文、古文、漢文とありますがすべてに共通して言えることかあります。

絶対絶対知識を固めろ。です。

現代文だったら漢字や語彙。

古文だったら古文単語や助動詞活用などの文法

漢文だったら漢字や句形、句法。です。

まず夏においてはあせらずこれを徹底的にやりましょう。そして問題演習は無理のない程度に少しずつ進めればいいです。この問題演習で気をつけて欲しいのが古文と漢文に関しては時間を気にせず一語一語読み解いて進んで欲しいのです。覚えた知識を使ってゆっくり読む練習をします。最終的にはその覚えた知識を早く使えるようにすることで文章を早く読むことができます。いきなり早く読もうとするとただ内容をきちんと理解せずに読み飛ばしているだけになるので最初の簡単な問題の内はいいのですが早慶レベルになったとたんに何も解けなくなります。これは本当に注意してください。

 

 

日本史

日本史はひたすら暗記するしかありません。笑

ただ意味のわからない語句やわからない流れなどに関しては必ず用語集や教科書で理解をするようにしましょう。できれば夏休み中に通史を一周することが望ましいですがこれはなかなか厳しいです。頑張ってみてください。

 

 

最後に

受験生にとっての夏休み。この期間は受験生にとって大切な期間になるのは間違いありません。全力で勉強して駆け抜けた夏休みが終わった時凄まじい達成感を味わえるとともに秋以降抜群の成績ののびが待っているので楽しみにしてください。

そして夏休みうまくいかなくて勉強もやる気が起こらなくてあんまりできなかった。という人。絶対あきらめずに秋からでもいいので頑張りましょう。頑張り次第では十分早慶に受かること可能です。

あきらめたらそこで試合終了。。。

どこがで聞いたことありますね。笑

スラムダンスの安西先生の言葉です。

これは本当にあたっているしいい言葉ですね。

 

 

もし受験生がみてくれたなら少しでも参考にしてくれたら幸いです。

 

ではでは。