kazujirou3300のブログ

早稲田大学にかよう一年生です。

好きにはなれない英文法の先生。水曜日

火曜日は授業はきついけど楽しく先生も好きでなんとか乗り切っていけそうだった。

 

しかし水曜日。

いつも通り朝早く家をでて塾に行った。

 

そして9時になり1限の英文法の授業がはじまった。

その先生が問題だったのだ。

まあ最初は自己紹介をするだがそこからもう違った。

 

「僕は早慶のトップクラスを担当しているわけですけども東大の医学部志望のクラスも担当しているんですよ」

 

いかにも自分すごいだろ、みたいな言い方で言い放った。

 

まあそれくらいならいいか、と思い気にせず授業を受け始めた。

 

だか途中でこんなことをいう。

 

「こんな問題できない人この中にいるはずないですよね。笑」

 

「この時点でできてなかったら早慶なんてうかりませんよ」

と言ったのだ。

 

あえて厳しくいってやる気を起こさせようとしてたのかもしれないが正直メンタルがきつい浪人生にそんなことを言ってもしょうがない。

 

みんな浪人したら早慶いけるのかな…

という思いも常に抱いているのだ。

 

しかも授業中にそんなことを何回も言うのだ。

 

しかも自分がえらい、力があることを延々と自慢し続ける。

 

結構最初から嫌いになった。笑

でも授業はちゃんと我慢してうけた。

 

2限は漢文だ。

太っちょのいかつめのおじちゃん先生だった。

まあこの先生は普通の先生で授業も普通にわかりやすいって感じだった。

 

そして自習の時間となった。

考えたことは英文法の先生にいわれた、

 

「こんなんじゃ絶対うからない。」の言葉。

 

かなり焦ったしムカついた笑

 

だから必死に勉強して食らいついてやろうと思った。

そして1日が終わった。

このころになると家に帰っても少し余裕があり家族と会話する元気があった。

 

そして次の朝を迎えるのであった。

木曜日は自分がの中で一番好きな曜日になるのであった。

 

ではでは。