kazujirou3300のブログ

早稲田大学にかよう一年生です。

近代マーケティング論について。早稲田大学の授業

マーケティングという言葉はかなり前から存在している。

マーケティングという言葉が初めて世に出たのは1902年のアメリカ・ミシガン大学の学報においてである。

そのあとは1905年にはペンシルバニア大学でmarketing of productという講座が開講し、1910年にはウィスコンシン大学でmarketing methodなる講座が開講した。

 

20世紀初頭にアメリカで相次いでマーケティング講座が開講した背景には、アメリカにおけるゴールドラッシュ、西部開拓、東海岸から西海岸に至る全北米大陸的な市場の誕生、そしてその後の供給過剰市場における販売拡大の必要性ということがあった。それまではアメリカでもtrade,commerceという言葉が使われており、我が国でも戦前は商品学、商業学、配給論であった。

 

日本でマーケティングという概念あるいは、実践的な対市場活動が始まったのは、第二次世界大戦以降である。1955年に日本生産性本部のアメリカ視察団が帰国し、その団長であった当時の経団連会長・石坂泰三氏が羽田空港で記者会見し、「アメリカにはマーケティングというものがある。我が国もこれからはマーケティングを重視すべきである」と発言したのはあまりにも有名な話であり、以降我が国の産業界では「マーケティング」という言葉が流行語にもなり、またその実践的活用の気運が高まったのである。

そして近代マーケティングの父と言われているのがコトラー(P.Kotler)である。

 

 そもそもマーケティングとは何かというと、、、

市場調査、販売促進、営業活動ではない。

「売れる仕組みづくり」ー適切に開発、提供されたものはおのずと売れる。

Marketing is make selling unnecessary

   (マーケティングは販売を不必要にする)

ターゲットのニーズに対する価値の創造、伝達、説得の一連の取り組み。

 

そして近代マーケティングの骨子とされているのは、

 

4PSTPだ。

 

4PとはProduct,Price,Place,Promotionのことだ。

それぞれ製品政策、価格政策、広告・販促政策、チャネル政策だ。

 

STPとはSegmentation,Targeting,Positioningのこと。

それぞれ市場細分化、ターゲティング、自らの位置づけだ。

 

現在の世の中ではこれら2つを骨子とした近代マーケティングが行われており、それは私達の身近なところに入り込んでいる。

私たちはそれを自覚することで今の世の中を少しは理解できるようになるかもしれない。

 

こんなことを大学の授業でやっていたわけであり非常に興味深い内容で面白かった。

後期もこのような興味深い授業を取りたいと思う。

ただの授業の復習みたいになってしまったが皆さんもマーケティングに少しでも興味を持ってほしいと思い書きました。

実際マーケティングの面白さや重要性をきちんと伝えられたかといわれると全くそうは言えないが自分自身も今は学習中なのでそこは勘弁していただきたい。

 

まだまだマーケティングについてはかききれないことも多く内容も説明不足なのでこれからもぼちぼち書いていこうと思う。

 

 

 

 

浪人中のことも近々書きたいと思っています。

遅くてごめんなさい。。。。

 

 

ではでは。

 

出典2016年第5版第1刷発効「マーケティング戦略」(有斐閣アルマ)

  著 和田充夫 恩藏直人 三浦俊彦